レンタカーと保険

レンタカー

楽しい夏休み!レンタカーでGO!!

こんにちは。Money Motto!編集長のみやこです。

8月はレンタカー需要の最盛期。いつでも予約ができて、全国各地で簡単に借りることができるレンタカーは、レジャーや引越などに欠かせないサービスです。この夏休み、旅行や帰省の際に利用する方も多いのではないでしょうか?

わたしたちの生活に身近なレンタカーですが、車を借りる際に必ずお世話になっているものがあります。それは自動車保険です。ふだんあまり意識することはありませんが、レンタル料金だけでなく、自動車保険にもしっかりお金を払っているのです。

本日は、レンタカーと保険について調べてみました。旅行や帰省の前に、レンタカーのコストについて考えてみましょう。

基本料金と自動車保険

レンタカーの基本料金には、自動車保険料が含まれています。基本的な補償が付いているので、新たに保険に加入する必要はありません。

主なレンタカー会社の補償内容をみてみましょう。

  トヨタレンタカー ニッポンレンタカー(標準コース) オリックスレンタカー
対人補償 1名につき無制限(自賠責保険の補償額含む) 1名につき無制限(自賠責3,000万円を含む) 1名限度額:無制限(自賠責保険含む)
対物補償 1事故につき無制限(自己負担額5万円) 1事故につき3,000万円まで(免責額:5万円) 1事故限度額:無制限(免責額:5万円)
車両補償 1事故につき車両時価額まで(自己負担額5万円・10万円※) 1事故につき車両時価額まで(免責額:5万円・10万円※) 1事故限度額:時価(免責額:5万円・7万円・10万円※)
人身傷害補償 1名につき3,000万円まで 1名につき3,000万円まで 1名につき3,000万円まで

※車種によって異なる

レンタカーの料金というと、車種や装備、利用料金にばかり目が向いてしまいますが、上記の補償が付いた自動車保険料も料金に含まれているのです。

補償内容はレンタカー会社やプランごとに異なりますが、いずれも、対人補償、対物補償、車両補償、人身傷害補償の4つの補償が付いています。また、対物補償と車両補償には免責額があり、5万円~10万円が自己負担となります。

免責補償制度とは

ここまで読んで、「車を借りるときに、毎回保険のようなものに入っているはずだ!」と思った方も少なくないはずです。じつは、レンタカー会社には、免責補償制度(CDW)という任意加入の補償制度があります。加入料(一日あたり1,080円~2,160円 車種・地域によって異なる)を支払うことで、自己負担額が免除されるというものです。レンタカーを利用する人のほとんどが、免責補償制度に加入しているようです(レンタカー会社によっては、免責補償加入が必須のケースもあります)。

わずかな掛け金で多額の補償を受けられる自動車保険と違って、免責補償は自己負担額(対物補償5万円、車両補償5万円~10万円)が免除されるにすぎません。最大でも15万円の負担を避けるために、一日あたり1,000円を超える加入料を支払うのは、合理的な選択といえるでしょうか。もちろん、「運転に不慣れで、車を傷つけてしまうかもしれない。自己負担は大変なので、免責補償制度に加入したい。」という方もいるでしょう。レンタカー会社に言われるがまま加入せず、ほんとうに自分に必要な補償かどうかをよく検討してみましょう。

ノンオペレーションチャージ(NOC)とは

免責補償制度に加入している場合でも、自己負担が発生することがあります。

事故・盗難・故障・汚損等を起こし、車両の修理・清掃が必要となった場合には、その期間中の営業補償としてノンオペレーションチャージ(NOC)が発生します。貸し出しができなくなるため、レンタカー会社に補償料を支払うというわけです。営業所に車両が返却された場合(自走可能)は2万円、自走不可能な場合は5万円の負担額になります。

レンタカー会社によっては、別途料金(一日平均600円程度 レンタカー会社や地域によって異なる)を支払うことで、ノンオペレーションチャージの支払いが免除される補償制度があります。免責補償制度をグレードアップさせたものと考えてよいでしょう。

ホントに必要?レンタカーの補償制度

コンパクトタイプの車を3日間借りた場合、免責補償とノンオペレーションチャージ補償を付けると、基本料金のほかに5,000円を超える費用がかかります。不安に駆られ、あれもこれもと補償を追加してしまうと、レンタカーにかかるコストが高額になるおそれがあります。

保険の特長は「わずかな掛け金で、万一の時に高額の補償が受けられること」です。自己負担が発生しても何とかできる金額であれば、わざわざ補償を付ける必要はありません。

レンタカーを利用する機会は意外と多いものです。毎回、少額の補償制度に加入しても負担感は感じませんが、それが積み重なるとかなりの金額になります。自動車保険と補償制度をきちんと区別し、必要なもののみに加入するようにしましょう。

自動車保険

※本記事は2016年8月10日現在の情報をもとに作成しています。


あわせて読みたい記事:「誰でもポルシェに乗れる方法


【PR】保険マンモスが運営する保険ショップ選びサイト「保険ショップマンモス」

【PR】使えるお金を増やしたい!節約や貯金以外の方法とは?


PR:キャンペーン実施中!


この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア