じわじわ量が減っている!?ステルス値上げとは

2017年は値上げが相次ぐ

こんにちは。Money Motto!ライターのトリです。

2017年は人手不足による人件費の高騰や原材料・原燃料価格の上昇などを理由に様々な商品やサービスの値上げが相次いでいます。

生活費に直結する電気・ガス料金をはじめ、ヤマト運輸や佐川急便、鳥貴族、すかいらーくグループなどが値上げを発表しています。

値上げが家計を圧迫していると感じる機会が増えたのではないでしょうか。

値段は同じでも中身が少ない

値上げを発表する企業がある一方で、値段を据え置いたまま内容量を減らして販売を行っている企業やメーカーもあります。

最近、チーズが小さくなった、ハムの枚数が減った、お菓子の量が減ったと感じることはありませんか。

食品だけにとどまらず、洗剤や石鹸などの日用品もここ数年で内容量が減っている傾向がみられます。

パッケージはそのままで内容量の表記だけを変更することもありますが、「スリムパックで便利」「おいしくリニューアル」などのキャッチコピーを使い、大幅に内容量を減らして販売している場合もあります。

これらは値上げの発表がなく、数年かけて段階的に商品変更が行われるため、私たちが気づきにくいのかもしれません。それが今年になって内容量が減ったことが顕著になってきました。なんだか、もやもやするという消費者も増えています。

企業やメーカー側も私たち消費者の節約志向が強まり、値上げに抵抗感を持たれることを考慮しての苦肉の策なのでしょうか。

気づきにくいステルス値上げ

内容量が減っても値上げしない。一見すると値上げよりは負担にならないのではないかと感じることもあるでしょう。

しかし、実際は違います。例えば、500gで500円だった商品の内容量を50g減らし、450gを500円で販売したとします。今までは100gあたり100円で購入できていたものが、100gあたり111円になります。実質11円の値上げということです。

一度に減量されるのは1枚(1個)や50g、100mlと少量の場合が多いようですが、数年かけて10枚、150gと大幅に減っている商品もあります。先ほどの例で500gが段階的に減らされて、330gになったら100gあたりの価格は151円、約1.5倍にもなります。

これらは、価格が変わっていないため、ステルス値上げサイレント値上げと言われています。

意識をしていないと、月の食費を決めていても量が足りないので、追加で買うことが増え、予定額をオーバーしてしまうという問題が発生してしまうこともあるでしょう。このステルス値上げは家計にじわじわとダメージを与えることになります。

イギリスではシュリンクフレーションと呼ばれている

この値上げはせずに容量を減らして販売することは、日本だけではなく、イギリスでも行われています。

イギリスではこの現象を「シュリンクフレーション(shrinkflation)」と呼んでいます。(※shrink(縮む)とinflation(インフレ)を掛け合わせた造語)

4~5年前から内容量の減少が顕著になり、消費者からは不満が続出しています。これを受けて、複数の消費者団体が、価格を上げないかわりに内容量を減らすことは消費者を欺く行為だとメーカーや小売店を強く非難する事態となっています。

求められる企業の誠実さと消費者の理解

内容量を減らして販売することは、企業やメーカー側の製造コストは上昇しているけれど、販売価格を引き上げて消費者の反発を招きたくないという考え方から発生したものかもしれません。値上げができないのであれば、量を減らすか質を落とすという選択にならざるを得ないのです。

値上げに踏み切ることで売上への多大な影響も懸念しています。実際にリーズナブルな価格で圧倒的な支持を得ていたユニクロは2014年~2015年に製品価格を引き上げた際に、大きな客離れを招きました。

しかし、2017年の値上げはヤマト運輸で27年ぶり、鳥貴族も28年ぶりに行われました。各企業やメーカーはここ20年くらいの間、消費者の要望に必死に応えようとしてきたのかもしれません。

今後も原材料費の高騰や人材不足は続くと考えられます。企業側も根拠のない値上げや便乗値上げはよくありませんが、企業努力を精一杯した上での値上げについては、誠実な方法で、消費者に伝えることも必要になってくるのではないでしょうか。

また、私たち消費者も製品やサービスにかかるコストについて理解すること、価格以上の過度なサービスや便利な包装などを求めないなどの行動を改める時期にきているのかもしれません。


あわせて読みたい記事:「30年で物価は2倍に!インフレと老後を考えてみた


【PR】保険マンモスが運営する保険ショップ選びサイト「保険ショップマンモス」

【PR】使えるお金を増やしたい!節約や貯金以外の方法とは?



この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア