マイナポイントって何?決済サービスはどれがお得?

マイナポイントで25%のポイント還元こんにちは、Money Motto!編集部のきみしまです。
9月の「マイナポイント」事業スタートを前に、予約・申込の受付が始まりました。
一人最大5,000円分のポイントがもらえるお得な事業なのですが、まだ認知度は低いのが現状。

そこで今回は、マイナポイントの基本から、5,000円分以上のポイントをゲットできるお得な方法まで、わかりやすくご紹介します!

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、マイナンバーカードを持っている人を対象に、キャッシュレス決済で使った金額の25%分のポイントを還元する制度。
マイナンバーカードと、キャッシュレス決済の両方の普及を推進する、国の政策です。

還元されるのは1人最大5,000円分、対象期間は2020年9月1日から2021年3月31日までです。

選べる決済方法は、電子マネーやQRコード決済、キャッシュカードなど100以上(あとでおすすめを紹介します)。チャージ、または買い物で利用した分(2万円分まで)が対象となります。所得や年齢の制限はないので、こどものマイナンバーでも利用可能。4人家族なら合計2万円分の還元です。

ちなみに、この制度に必須な「マイナンバーカード」とは、緑色の「通知カード」ではないので要注意です!マイナンバーカードは、顔写真が入っている、プラスチックのものです。
マイナンバーカードを取得するには、通知カードを用意して、市区町村に申請する必要があります。詳しくは総務省のサイトをご覧ください。

カード取得までの手続きには一か月ほどかかります。今後申請が増えるとそれ以上になることも考えられるので、混み合う前に手続きしたほうがよいかもしれませんね。

マイナポイントの予約・申込方法

マイナンバーカードを取得したら、「予約」と「申込」をしましょう。

必要なもの

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードの暗証番号
    (申請時に設定した4ケタの数字)

予約・申込の手順

  1. 予約
    マイナンバーカードの暗証番号を入力して、カメラでカードをスキャンするだけです。
    スマホの専用アプリから行うのが一番簡単でおすすめです。パソコンや一部コンビニATMからも予約できます。
  2. 申込
    キャッシュレス決済を一つ選んで登録します。スマホアプリなら予約完了からそのまま申込に進めます。
    一度決済サービスを登録したら、変更はできないので、ここは慎重に選びましょう!

申込のとき、「決済サービスID」の入力が必要になる場合があります。決済サービスID取得方法はサービスごとに異なります。「(サービス名) マイナポイント」で検索すれば、すぐに説明ページにたどり着けるでしょう。
手続きの詳細、アプリ取得は総務省専用ページから

どのサービスがお得? おすすめを紹介

上にも書いたように、決済サービスを登録したら変えられないので、「どれにするか?」で失敗すると後悔することになります。
失敗しない選び方の前提は、「使いやすい」ことです。

もし登録した決済手段が使えるお店が自分の生活圏内になければ、ポイント還元されても使いようがありませんよね。これが失敗です。

そのうえで、「お得」を考えていきましょう。
マイナポイントの5,000円分に上乗せして、各決済サービスが独自で還元ポイントアップのキャンペーンを行っています。
「使いやすさ」「お得度」の観点からおすすめを厳選して、3つご紹介します。

5,000円分以上をもらえる!おすすめサービス

  • WAON
    上乗せ2,000円相当と、各サービスの中ではトップレベル。ダイエーやピーコックストアなど、使えるお店の多くがイオン系列なので、それらをよく使う方にはよいでしょう。
    インストール→iOSAndroid
  • Suica
    登録するだけで1,000円相当の上乗せと、これもなかなかのお得度。使える店舗も多いので、東日本にお住まいなら検討の価値アリです。
    インストール→iOSAndroid
  • PayPay
    8月31日までに決済サービスとして登録すると、抽選で100万円~500円(総額1億円)の上乗せポイントが当たります。100万円分は10名、500円分でも15万名が当選します。夢を見たい方におすすめです。
    インストール→iOSAndroid

ここでは、チャージ分が還元対象になるものだけを選びました。それは、期間内にとりあえず2万円分チャージさえしておけば5,000円フルで還元されるからです。

つまり「来年3月までに何か2万円分買う」という制約がないので、無駄遣いをしたり、上限額まで使いきれないことがなくなります。チャージなら、使い切るのはいつでもいいわけです。

まとめ

マイナポイントとは、マイナンバーカードを取得してキャッシュレス決済で2万円分チャージ(または利用)すれば、最大5,000円分のポイントが還元される制度。
決済サービスによっては、それに上乗せしてポイントが得られます。
自分の生活のなかで最も使いやすいものを選んで、お得に活用したいですね。

マイナンバーカードを持っていると、住民票がコンビニで取得できる、確定申告が楽になるなど、いろいろとメリットがあります。
まだ持っていない方は、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。

もし「カード発行が面倒!」と思ったら(私が申請したとき、正直そう思いました)、手軽な副業でお小遣いを稼ぐという手もありますよ。
参考ページ:主婦が月3万プチ稼ぎできる安全なおすすめ副業TOP3と3つの注意点

※本記事は、2020年7月10日現在の情報をもとに作成しています。


あわせて読みたい記事:「マイナンバーって、ぶっちゃけ何?」


【PR】1分でわかる!保険マンモスの「ネットで保険診断」

この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア