かんたんおトク!手作りアイスクリーム

手作りアイスクリーム

猛暑にはアイス

こんにちは。お金大好きライターみやこです。

全国各地で暑い日が続いています。暑さをしのぐには、冷たいものが最適。冷たいものと言えばアイスクリーム!みやこ、この時季は家の冷蔵庫に常時ストックしてあります。

アイスクリームの特徴といえば、なめらかな口あたりですが、いったん溶けてしまったものを再冷凍するとシャリシャリしておいしくなくなります。この猛暑で、せっかく買ったアイスをうっかり溶かしてしまったみなさんも少なくないはず。(注:食感が変わりますが食べるのに問題はありません)

おいしいアイスクリームが食べたい!と思ったみやこ、持ち歩きの必要がない自宅で作ることを思いつきました。本日は、手作りシリーズ第三弾 アイスクリーム作りに挑戦します。

作り方はとってもかんたん!

【材料】
・生クリーム 200ml
・砂糖またはグラニュー糖 50g
・卵黄 2個分
・バニラエッセンス(なくてもよい) 数滴

アイスクリーム材料

材料はこれだけ。バニラエッセンスはなくても大丈夫です。

ポイントは、手作りバターでも使った生クリーム。口あたりをよくするため、乳脂肪分の多いもの(45%以上)がおすすめです。

ミキサー

生クリーム、砂糖、卵黄を1分間ミキサーにかけます。(フードプロセッサーでもOK)

タッパー

タッパーに移し、軽くかきまぜます。

冷凍庫

冷凍庫で冷やします。(金属製タッパーのほうが早く固まります)

手作りアイス1時間後

冷凍庫に入れて1時間後
取り出してかきまぜます。空気が入り、シャリシャリ感がなくなります。

手作りアイス2時間後

冷凍庫に入れて2時間後
同様に、取り出してかきまぜます。

冷凍庫に入れて1時間ごとにかきまぜるといいらしいのですが、みやこ、夜中から作り始めたため冷やしている途中で寝てしまいました。2回かきまぜればシャリシャリ感がなくなります。

手作りアイス5時間後

冷凍庫に入れて5時間後
出来上がりました!(というか、目が覚めたら出来上がっていました…)

手作りアイスクリーム

器に盛り付け、完成です!!

乳脂肪分の多い生クリームを使用しているため、コンビニやスーパーにあるプレミアムアイスクリームにも劣らぬ味です。

いくらかかる?手作りアイス

この手作りアイス、いくらかかったかというと…

・生クリーム 200ml 368円(税別)
・卵(卵黄) 2個 40円(税別)
・砂糖 50g 9円(税別)

 合計 417円(税別)

なんと、よく見かけるプレミアムアイスクリーム2個分(220ml)よりずっと安上がり!

アイスがこんなにできた

100mlの容器に盛り付けているので、正味60mlとしても5杯分はありそうです。

かんたん・おいしい・おトクな手作りアイスクリーム。この夏休み、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

アイスクリームの分類

どれも同じように見えるアイスクリームですが、法律に基づいた分類があります。含まれる乳固形分乳脂肪分の割合によって以下のように分けられます。

種類別 乳固形分 うち乳脂肪分
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上
ラクトアイス 3.0%以上

商品表示の種類別の項目を見ると、どの分類なのかがわかります。
乳固形分のほとんどないかき氷やアイスキャンディーは氷菓に分類されます。

手作りアイスの味を覚えてしまったみやこ、お店でアイスを買う回数が確実に減りそうです。


【PR】保険マンモスが運営する保険ショップ選びサイト「保険ショップマンモス」

【PR】使えるお金を増やしたい!節約や貯金以外の方法とは?



この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア