サイフに1円ありますか?

1円がない!

イラスト:いしやまとくち

1円玉よ どこへ行く!

こんにちは。Money Motto!専属イラストレーターのいしやま(@tokuchi_ishiyam)です!

ここ数年、1円玉の流通量が減ってきてるんだって。
電子マネーやクレジットカードでの決済が普及して、小銭を持ち歩く機会が少なくなってるんだね。
わたしの財布にもあんまり入ってないなあ。

1円玉の発行枚数推移(一部抜粋)

1989年 24.8億枚 消費税導入(3%)
1990年 27.6億枚
1997年  7.8億枚 消費税増税(5%)
1998年  4.5億枚
2012年  65万枚
2013年  55万枚
2014年  1.2億枚 消費税増税(8%)
2015年 8,200万枚

(参考)造幣局 年銘別貨幣製造枚数(平成27年)[PDF]

海外では、製造コストがかかりすぎるという理由で、小額硬貨の製造・流通を中止している国がけっこうあるんだ。
2013年にはカナダの1セント硬貨が廃止されたし、アメリカでは以前から1セント硬貨不要論が出ているよ。

1円玉を作るには、2~3円のコストがかかると言われていて、作れば作るほど赤字になっちゃうんだ。
日本では1円玉をなくす動きはないけれど、電子マネーのさらなる普及や消費税の引き上げなどで、今後なにか変化が起こるかもしれないね。

そうそう、レジで1円足りない時って、めちゃくちゃ恥ずかしいよね。


あわせて読みたい記事:「硬貨で高価なものは買えない!?


【PR】保険マンモスが運営する保険ショップ選びサイト「保険ショップマンモス」

【PR】使えるお金を増やしたい!節約や貯金以外の方法とは?



この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア