今年こそ!捨てられない服をお得に整理する方法

s_shutterstock_244861519

着なくなった服は寄付や下取りを活用

こんにちは。Money Motto!ライターのトリです。年末といえば大掃除ですね。クローゼットの整理や掃除をしようとしたら、いつの間にか服やバッグが増えていてびっくり!という経験はありませんか。セールで購入して一度も袖を通さなかった服、年齢を重ねるにつれて似合わなくなってしまったバッグや靴などを思い切って整理してみましょう。捨てるのは心が痛い、理由もないのに捨てられないという方におすすめな洋服やバッグの整理方法を調べてみました。

寄付をして社会貢献

捨てるに捨てられなかった服や靴、バッグが必要としている誰かに使ってもらえます。人のためになる、社会貢献できるということで 前向きな気持ちで手放すことができます。

●FASHION CHARITY PROJECT

使わなくなった服やバッグなどのファッションアイテムを寄付できます。寄付できる商品は指定されたブランド品のみとなり、ファストファッションやノーブランド等は対象外です。寄付された商品は、同サイトで販売され、売れた金額はすべて様々な団体への寄付に使われます。寄付する際は着払いでOKです。自分が寄付した商品が売れた場合は、寄付金証明書が発行されるので、寄付控除が受けられます。

●フクサポ

古着のリユース・リサイクル業を運営する株式会社Kurokawaが、地雷除去や 平和教育の活動を行っているNPO法人テラ・ルネッサンスを支援するプロジェクトです。服や靴、バッグ等を送ることで、査定金額相当が寄付となります。また寄付した服などは国や地域を越えて古着として有効利用されます。ダンボール1箱にいっぱい梱包されていれば、送料は着払いで送ることができます。

●古着deワクチン

服や靴、バッグを寄付するとポリオワクチンが開発途上国に寄付されます。また集められた服などは寄付されるのではなく、安価で輸出販売されます。こうすることで現地で新しい雇用を生み出す仕組みになっています。2015年11月までに約80万人分のポリオワクチンが寄付されました。

フリマアプリで個人間取引

スマートフォンが普及し個人間取引ができるフリマアプリが急速に増えています。スマートフォンで撮影して出品できる手軽さと、売買がスームズにできる仕組み、決済代行による安心な取引が魅力的です。オークションとはちがい、固定の価格で取引を行うことが基本となっており、少ない手間で利用できます。出品時は無料で、取引が成立した場合のみ手数料が発生します。

●メルカリ

TVCMを機に利用者を伸ばし、ダウンロード数が1,300万を超えました。取引が成立した場合、匿名で配送できる「らくらくメルカリ便、匿名配送サービス」がありますので一人住まいの女性も安心してやりとりができるところが魅力です。

●LINE MALL

LINE株式会社が提供しています。出品、販売手数料、決済手数料は無料です。「LINEグループ購入」で共同購入ができたり、「LINE ギフト」友人にギフト 商品を送ることができることが特徴です。

●Fril(フリル)

レディースファッションに絞っています。マイページ機能があり、友達申請をしたり、写真を投稿するなどSNSのような使い方ができます。趣味が似ているユーザーとのつながりができ、欲しいものがみつかりやすいという仕組みが女性に人気です。

ブランド品は買い取りしてもらう

海外旅行に行くとつい免税店でブランド品を買ってしまう。でも日本に帰ってきたら使わなかった。プレゼントでもらったけれど趣味が合わず箱から出していない。そんなブランド品は専門店で買い取りをしてもらいましょう。査定だけでもよいというところがほとんどなので、買取価格を出してもらってから、手放すかどうかを考えることができます。

●ブランディア

6,000以上のブランド品を買い取りしてくれます。服だけでなく、貴金属や時計、靴等も対象です。査定だけでもOKで、買取をキャンセルした場合でも送料は先方の負担で返却されます。

●コメ兵オンラインストア

130名以上の専門バイヤーが1日平均2,500点以上の商品を査定しています。整備された基準を元にスピーディーに査定されます。 服や貴金属以外にカメラや楽器、着物等幅広い商品の買い取りを行っています。

shutterstock_19259410

アパレルメーカーの下取り

アパレルメーカーが服を下取りサービスを行っています。下取りされた服はリサイクルをして別の製品になったり、難民などの支援に使われます。さらに次回の買い物で使用できるクーポンをもらえることもあります。

●コナカ

主にスーツの下取りをしています。コナカ以外で購入したスーツ、女性用のスーツも対象となります。下取りスーツ1点につき、20,000円引きの割引券がもらえます。(割引券使用時の対象商品は限られます。)

●ユニクロ

ユニクロまたはジーユーで販売した全商品を対象として、下取りを行っています。全国のユニクロ、ジーユー店舗に専用ボックスが設定されています。回収後は世界各地の本当に服を必要としている人たちに届けられます。必ず洗濯をしてから回収に出しましょう。

●H&M

廃棄される衣類の量を減らしたいとの思いから、布製品をメインに下取りを行っています。H&M以外で購入したものでもOK、状態も問いません。袋に入れて店頭に持って行きます。袋1つにつき、3,000円以上購入したときに使用できる500円の割引クーポンが発行されます。 服やバッグなどの持ち物を減らしたいと思っても、いざとなるともったいなくてなかなか捨てられないという方が多いのではないでしょうか。「捨てるのはどうしても嫌!」という方は、今回ご紹介した寄付や個人間売買、下取りなどを上手に利用してみましょう。部屋も心もスッキリするはずです。

※本記事は2015年12月現在の情報をもとに作成しています。


【PR】保険マンモスが運営する保険ショップ選びサイト「保険ショップマンモス」

【PR】使えるお金を増やしたい!節約や貯金以外の方法とは?


PR:キャンペーン実施中!


この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア