これを忘れちゃダメ!海外旅行の必需品ベスト5

海外旅行イメージ

2019年のゴールデンウィークは10連休

こんにちは。Money Motto!編集長のみやこです。

時代が平成から令和にかわる2019年のゴールデンウィーク。10連休の方も多いのではないでしょうか。長期間の休みがとれるとヨーロッパや南米など、遠方への旅行も検討できます。世界中にはインスタ映えするような大自然やきれいな街並み、すばらしい景色がたくさんあります。とっておきの一枚をSNSに投稿するのも、旅行の楽しみのひとつですね。

ドキドキワクワクの海外旅行。「準備は万全!」と思って出発したものの、「あっ、あれがない」と慌ててしまうことも少なくありません。本日は、みやこが選ぶ「見落としがちな海外旅行の必需品ベスト5」を、いしやまとくち先生のイラスト付きで紹介します。

1.ビザ等

「海外に行くのにビザが必要なの?」と思う方が多いかもしれません。短期滞在であれば、多くの国ではビザ(査証)は不要ですが、中にはビザ等がないと入国できない(飛行機に乗れない)国があります。出発前に忘れずに取得しておきましょう。

おもなビザ等が必要な国
・アメリカ(ハワイ含む)
ESTA(電子渡航認証システム)登録が必要 ※乗り継ぎの場合も必要

・カナダ
eTA(電子渡航認証)登録が必要 ※乗り継ぎの場合も必要

・オーストラリア
ETAS(電子渡航許可システム)登録が必要

・ロシア

・インド

2.プラグ

プラグ

海外のコンセントの形状は、日本と違うケースがほとんどです。普段使っているスマートフォン、ノートパソコン等の充電器は、海外ではそのまま使用することができません。その国のコンセント形状に合ったプラグを用意しておきましょう(一つの国で、複数のプラグが必要になることもあります)。家電量販店等で300円程度で購入できます。

また、ドライヤーなどの電化製品が海外の電圧に対応していない場合には、変圧器も必要です。

3.歯みがきセット

歯みがきセット

海外のホテルには、歯みがきセットが備わっていないことがよくあります。また、備わっているとしても、歯みがき粉がまずい、歯ブラシが大きすぎるなどの不便を感じることがあります。持参しておくと安心です。

機内に手荷物として持ち込む場合は、歯みがき粉は液体物扱いとなるので、 ジッパー付きの透明プラスチック袋(たてよこ合計40センチメートル以内)に入れておきましょう。

4.スリッパ

スリッパ

歯みがきセットと同様、海外のホテルにはほとんど備わっていません。靴のままで過ごすと疲れてしまうので、持っていくと便利です。

「スリッパ」は英語で「slippers」または「a pair of slippers」といいます。ペアで使うものなので複数形になります。

5.ペン

ペン

機内で入国カード、税関申告書を記載する場合に必要です。もちろんペンを借りることができますが、客室乗務員に日本語が通じない場合は、あせってしまいますよね。手荷物に入れておきたい持ち物です。

「ペンを借りてもいいですか?」は英語で「Can I borrow a pen?」です。

気温に合った服装を

日本を含めた北半球は、この時期は初夏ですが、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、南アフリカなどの南半球は秋を迎えます。旅先の気候は、出発前に必ず確認しておきましょう。日本では5月は過ごしやすい季節ですが、海外に行くとすでに冷房が入っていることも多いです。列車やレストランなど、薄着では寒く、体調を崩してしまうおそれもあります。軽くて重ね着しやすい服があると便利です。

2019年から出国税がかかる

2019年1月から、日本から海外に出国するときに出国税(一人1,000円)がかかっています。空港で直接徴収されるのではなく、航空券やツアー代金に上乗せされています。また最近は出入国の際、顔認証とパスポートのICチップによるスマートゲートが各空港で採用されはじめています。混雑緩和のために設けられたシステムですが、出入国のスタンプが省略されるため、さみしいという声もあがっています。


あわせて読みたい記事:「2019年1月から徴収スタート!「出国税」とは


【PR】1分でわかる!保険マンモスの「ネットで保険診断」



この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア