2019年1月から徴収スタート!「出国税」とは

出国税:一人1,000円

2019年1月7日から出国税の徴収がはじまりました。出国税と呼ばれていますが、正しくは「国際観光旅客税」といいます。日本から海外に出国したときに課税されます。日本から海外に出国する日本人だけではありません。観光や仕事で訪日した外国人客にも同様に課せられます。

出国税の目的と使いみち

出国税の税収は、訪日外国人客の受け入れ体制を充実させるために使われます。空港のなどの環境整備、体験型観光の満足度向上、日本の魅力を発信する情報の発信強化が挙げられています。具体的には、Wi-Fiスポットなどの通信設備や出入国をスムーズにする顔認証ゲート、キャッシュレス決済設備、多言語案内板設置、観光拠点の設置が検討されているようです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催時には、訪日客が4000万人になるといわれています。公共交通機関の利便性を向上させるなど、受け入れ体制を整える必要があります。出国税の導入により、安定した財源確保が必要なのです。

(出典:国土交通省 環境庁「訪日外国人消費動向調査」)

出国税はいくら、どうやって徴収するの

出国税は一律で1,000円です。日本人、外国人、大人、子どもによる税額の差はありません。航空券を購入する際に、一人1,000円が加算されます。ツアーで海外へ行く場合は、ツアー料金に加算されます。空港で徴収されることはありません。2019年1月7日以降に航空券を購入した分から、徴収がはじまります。1月7日以降に出発する場合でも1月6日までに航空券を購入していた場合は課税されません。

乗員(パイロット、フライトアテンダント、船員など)や乗り継ぎ客、2歳未満の子どもは免税となります。2020年に訪日外国人が4000万人にのぼると予想されています。一人あたり1,000円なので、400億円の税収入となります。

他の国でも導入されているの

出国税と聞いて、「そのような税金があったのか!」と驚いた方もいるのではないでしょうか。しかし、出国税は他の国ですでに導入されており、目新しいものではありません。

(出国税のある国 ※一部)

・韓国(出国納付金)1万ウォン(約1,000円)

・オーストラリア(出国旅客税)60オーストラリアドル(約4,900円)

・アメリカ(ESTA申請料)14ドル(約1,400円)

観光は大切な資源です。訪日する外国人旅行者が、気持ちよく過ごせるために、まだまだ多くの課題が残されているといいます。日本の魅力をより知ってもらうため、出国税が有意義に使われることを願います。


この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア