お正月とお年玉

お年玉イメージ

謹賀新年 2017

新年あけましておめでとうございます。押尾センパイです。
今年もMoney Motto!をよろしくお願い申し上げます。

なんて挨拶をすると、えらくなったような気分ですが、今年こそ3代目編集長の座に就くべく、精進してまいります。
押尾の飛躍にご期待ください!

この年末年始、みなさんはどのように過ごされたでしょうか?
押尾は、関東近郊にある実家に帰省し、親戚20人あまりと酒宴で盛り上がり、日本酒11升を空けました。
正月の準備に餅切りをした以外は大して働かず、紅白歌合戦、箱根駅伝などを見まくり、飲む・食う・笑うの日々でした。

あ、そうそう。
ちょっと痛い出費もありました。
親戚の子たち総勢8名に、お年玉をあげました。
その額、合計2万円!
これから、年齢が上がるごとにお年玉の額も増えていくので、悩ましいところです。

そんで、今日のテーマは、お年玉です。
お年玉に関する気になるデータを集めてみました。

お年玉の思い出

子どものころのお正月の楽しみといえば、何はさておき、お年玉でした。
わりと堅実派だった押尾、コツコツお金を貯めて、ビックリマンチョコを箱買いしたり、ミニ四駆やキン消しを集めたりしていました。

あれ?それほどお年玉を使っていなかったはずなのに、何でお金がなくなったんだろう?
知らないうちに親の財布に入ってしまったんだろうか!

ミニ四駆

住信SBIネット銀行がおこなった調査によると、お年玉をあげる予定がある人は66.0%で、平均支出予定総額は28,362円とのこと。
もはや、たかがお年玉とはいえない金額です。

誰かにお年玉をあげる予定はありますか?

はい:66.0%
いいえ:34.0%

何人にお年玉をあげる予定ですか?

1人:14.6%
2人:27.8%
3人:18.6%
4人:13.5%
5~8人:21.2%
9人以上:4.3%

平均支出予定総額 年代別

20代:17,562円
30代:22,513円
40代:22,037円
50代:30,107円
60代:35,400円

平均支出予定総額

28,362円

(参考)住信SBIネット銀行 お年玉に関する意識調査

高額なお年玉をもらったら

ここからは、ちょっとまじめな話になります。

お年玉(年末年始の贈答)は、両親や祖父母、親戚などから贈与を受けたお金ですが、社会通念上相当と認められる範囲であれば贈与税がかかりません
たとえば、10人から1万円ずつ、合計10万円のお年玉をもらったとしても、贈与税の非課税枠(110万円)には影響を与えません。

ただし、社会通念上相当といえない額、たとえば数百万円のお年玉をもらった場合は、贈与税のリスクが生じます。

押尾もいつか、社会通念上相当といえない額のお年玉をあげてみたいものです。
う~ん、でもそれって、教育上よくない気がするな。

(参考)国税庁 No.4405 贈与税がかからない場合

押尾メモ

・お年玉の平均支出予定総額 28,362円

・数百万円のお年玉をもらった場合は、贈与税のリスクが生じる

※調査データは、住信SBIネット銀行「お年玉に関する調査」(2016年12月9日~12月14日 回答者数:1,480名)に基づきます。


あわせて読みたい記事:「贈与税も相続税も節約!生前贈与を活用しよう


【PR】保険マンモスが運営する保険ショップ選びサイト「保険ショップマンモス」

【PR】使えるお金を増やしたい!節約や貯金以外の方法とは?



この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア