どの銀行がお得? 定期預金の金利比較!

定期預金

定期預金の金利を比較してみると・・・

ボーナスが出たり節約してお金が貯まってきたりで、ちょっとまとまったお金ができたときで、すぐに使うわけではないけど、かといって長期的な貯蓄や運用をするほどではないという場合、銀行の定期預金がいちばん手っ取り早い貯蓄方法になります。

ただ定期預金といっても超低金利の今の時代は、ほんとうにわずかの利息しかつきません。だとしたら、少しでも金利が高い銀行を選びたいところですよね。

そこで、もし100万円を1年間預けた場合の銀行の金利(2015年10月22日時点)を比較してみました。

まずは都市銀行の金利です。

<都市銀行の1年定期預金金利> ※100万円を預けた場合

金融機関名 定期預金金利(%) [参考]普通預金金利(%)
みずほ銀行 0.0250 0.020
三菱東京UFJ銀行 0.0250 0.020
三井住友銀行 0.0250 0.020
りそな銀行 0.0250 0.020
埼玉りそな銀行 0.0250 0.020

*2015年10月22日時点

都市銀行はどこも同じで、0.025%です。100万円を1年間預けて利息は250円。普通預金の金利とほとんどかわりません。ちょっと、いや大分さみしい感じですね。しかも、どこがお得もなにもどこに預けても同じです。

ちなみに地方銀行や信金なども何行か見てみましたが、結構横並びな感じでした。

これでは金利比較というプランが早くも企画倒れに終わりそうです・・・が
安心してください。比較できますよ!

お得な銀行はどこ?

実はネット銀行は各行それぞれ金利に違いがあります。

<ネット系銀行の1年定期預金金利> ※100万円を預けた場合

金融機関名 定期預金金利(%) [参考]普通預金金利(%)
イオン銀行 0.1200 0.020
ジャパンネット銀行 0.1120 0.040
住信SBI銀行 0.0900 0.020
セブン銀行 0.1000 0.050
大和ネクスト銀行 0.1500 0.020
ソニー銀行 0.2000 0.020
楽天銀行 0.1300 0.020
じぶん銀行 0.1000 0.020

*2015年10月22日時点

都市銀行だと0.025%のところネット銀行だと0.1%程度はつきます。一番金利のよいソニー銀行だと0.2%。100万円を1年間預けた場合の利息は2,000円です。1%未満の金利とはいえ、都市銀行などの250円の8倍です。このために新しく口座を作っても十分価値はありそうです。

しかもネット銀行のなかには、ジャパンネット銀行やセブン銀行のように普通預金の金利が都市銀行の定期預金金利よりも高いところがあります。賢く使うとメリットがありそうです。

最後に、今IPOで話題のゆうちょ銀行の金利も見てみましょう。

<ゆうちょ銀行の1年定期貯金金利> ※100万円を預けた場合

金融機関名 定期貯金金利(%) [参考]通常貯金金利(%)
ゆうちょ銀行 0.0350 0.030

*2015年10月22日時点

定期貯金の金利が0.035%。都市銀行よりはいいですが、ネット銀行ほどではないといったところです。普通貯金の金利は都市銀行より少し高くなっています。

このように多くの銀行は金利も横並びとなっていますが、探してみると金利が有利になっているところがあります。また地銀や信金などでは通常の金利とは別にキャンペーンなどで高めの金利を設定していることもありますので、銀行はどこも同じとあきらめずに、有利なところを探してみることをおすすめします。

メインバンクを変えるのはいろいろと大変なこともありますが、ちょっとした余剰資金などは、新しい銀行に口座を作って預けてみるのもよいのではないでしょうか?


【PR】保険マンモスが運営する保険ショップ選びサイト「保険ショップマンモス」

【PR】使えるお金を増やしたい!節約や貯金以外の方法とは?



この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア