【ピンクリボン月間】乳がん罹患への不安を解消する資料をプレゼント

10月はピンクリボン月間

こんにちは!Money Motto!編集部の、よしのです。

毎年10月はピンクリボン月間。その初日である10月1日のピンクリボンデーから、日本でも各所で、乳がんの意識啓発のための活動が行われます。

ピンクリボンとは、乳がんに関する正しい知識を多くの人が知り、乳がんがもたらす悲しみから一人でも多くの人を守るために始まった活動のこと。アメリカから始まり、今では全世界に広まっています。

本日は、来週から始まるピンクリボン月間に向けて、乳がん罹患者の現状と、乳がんに罹患するとどのような不安があるか、その不安を軽減するための方法についてまとめました。

本ページ下部から、資料を無料でお取り寄せできます。必要な知識が得られ、対応策が明確になる、非常に有益な資料です。ぜひご活用ください。

20~39歳のがん罹患者は8割が女性、最も多いのは乳がん

下図のように、乳がんは女性が罹患するがんの中で一番、罹患者が多いがんです。

■部位別がん罹患率(全年齢、女性)

出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(全国がん登録)

最近の調査では、20~39歳の男女のがん罹患者のうち約8割が女性で、中でも乳がんが一番多いという結果が出ました(下図)。

■男女別の年齢階級別罹患数(自施設初回治療開始例 62,301例、0歳~39歳、201-2017年)

出典:国立がん研究センター「院内がん登録 小児・AYA世代がん集計について」をもとに作成

■20~39歳で罹患率が高いがん種順位[全がんに占める割合]※1

出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ))をもとに作成

20~39歳というと、学生から社会人になり、結婚、出産、子育て…と、ライフイベントが多数ある時期。

第1子出生時の母の平均年齢は30.7歳※2なので、お子さんがいる方は小学校低学年になるころ。これからお子さんの教育費や住宅資金、老後資金等、お金をたくさん準備しなければいけない時です。

※1 国際小児がん分類(International Classification of Childhood Cancer)第3版のグループに基づく悪性腫瘍の順位(ただし「その他の癌」は部位で分類)。がん種間の比較のため、いずれのがん種も悪性の腫瘍のみ。
※2 厚生労働省「平成30年人口動態統計」

もし乳がんに罹患したら…。具体的な不安点

乳がんに罹患した場合の不安点を3つに分類してみました。病気に関連した不安、家族のケアへの不安、お金の不安、です。

具体的には、下記のような項目が挙げられます。

1. 病気に関連した不安

 ・治療内容への不安
 ・死への不安
 ・再発への不安
 ・感染症(新型コロナウイルス等)に感染した場合の重症化リスク

2. 家族のケアへの不安

 ・親や子供、配偶者の精神的ケア
 ・家事が思うようにできない不安

3. お金の不安

 ・治療費
 ・通院費
 ・収入減少(正社員から非正規雇用への転換や労働時間の減少)
 ・ウィッグや専用下着等、高額な生活用品が発生
 ・民間の家事代行サービスの利用等、生活費の上昇

不安を軽くする方法

乳がんに関する不安を軽減するには、下記のような方法が挙げられます。

A. 乳がんという病気を知る(予防方法、早期発見方法、進行過程)
B. 治療について知る(治療方法、治療費)
C. 保険で対策する(公的保険、民間保険)

先述の不安項目1と2(病気と家族のケア)については、AとBのように病気と治療に関する知識を得ることで、状況に応じた生活が想像でき、不安が軽くなる可能性があります。

不安項目3(お金)に関しては、C(保険)の知識の習得や、適切な保険への加入が有効です。

お金の面で心強い保険ですが、さまざまな商品があり、どれが自分に合った保険か分からない方が多いでしょう。

最新の民間保険は、最新の治療への対応だけでなく、通院や、治療と仕事の両立へのサポート等、がん経験者の声をもとに保障を充実させています。

支払える保険料には各ご家庭で上限があります。そのため、ご家族の保険の中でどれくらい、乳がんへの備えをすべきか、その配分を総合的に判断する必要があります。

無料の資料を活用

マネーモットを運営する保険マンモスでは、多くの方が持つこのような疑問や不安の解消をサポートするため、無料で資料のご提供をしています。

下記よりお申込できますので、ぜひご活用ください。

■乳がんの知識を身に着けたい方に
乳がんという病気、治療、治療費に関する情報を基礎から分かりやすく網羅した小冊子をプレゼント。無料でダウンロードができます。
 ▼△ダウンロードはこちらから△▼

※本記事は2020年9月現在の情報をもとに作成しています。


あわせて読みたい記事
セルフチェックと検診で乳がんの早期発見を!


【PR】1分でわかる!保険マンモスの「ネットで保険診断」

この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア