乳がんは遺伝する?効果的な検診やお金の備えとは

母や祖母が乳がん、私にも遺伝するの?

がんの多くが遺伝する病気ではありません。一般的にがんは、生活習慣などの環境因子が深く関係しているといわれています。「ウチはがん家系だから」とよく聞きますが、多くは家族が同じような食生活や生活習慣だからではないかと言われています。

乳がん患者の5~10%が遺伝性

ただし、乳がんや卵巣がんは遺伝性の要因がはっきりしており、乳がんや卵巣がんの全体の約10%(※)を占めています。

乳がんや卵巣がんが多数発生した家系を調べたところ、BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子ががんの発症に関連しているとわかりました。英語ではHBOC(Hereditary Breast and Ovarian Cancer)と呼ばれ、日本では遺伝性乳がん・卵巣がんといわれています。

(※)出典:一般社団法人日本乳癌学会

遺伝性の乳がんは遺伝子検査で判定

実は、乳がんのがん細胞を診断しても、遺伝性のがんかどうかを判断することはできません。まずは、HBOCのいくつかの基準にあてはまっているかどうかを照らし合わせてから、遺伝性乳がん・卵巣がんの可能性があるかどうかを判断します。その後、専門医療機関で遺伝子検査を実施して判定を行います。

<HBOCについて相談することのできる病院はこちらで探せます▼>

定期的な検診とセルフチェック

遺伝性の乳がんが心配な場合は、若いうちから定期的な検診とセルフチェックを習慣にしておくことが大切です。年に一度の健康診断は必ず受診をしましょう。検診は、マンモグラフィーか超音波検査(エコー)のどちらかですが、毎年交互に受診するとよいでしょう。

また、乳がんは他の内臓とちがい、身体の表面近くに発生します。自分で発見できる可能性が高いがんです。月に一度は、セルフチェックを行いましょう。チェックポイントは、乳房の変形や左右差、しこりやひきつれ、ただれ、へこみなどの有無や乳首の出血や分泌物がないかなどです。

乳がんの60%以上はセルフチェックによって発見されているといいます。遺伝性の乳がんが心配な方は、セルフチェックを習慣づけて小さな変化も見逃さないようにしましょう。

(参考)乳がんを学ぶ「乳がんセルフチェック」

米女優は遺伝子検査を受け乳房の切除・再建を

乳がん患者の5~10%が遺伝性といわれています。しかし、がん細胞だけをみても、遺伝性かどうかの判断をすることはできず、確定させるにはさらに遺伝子検査が必要です。

日本でも遺伝子検査や遺伝カウンセリングを行う医療機関は増えています。母親や祖母ががんにかかったから、リスクを知りたい。またはご自身が乳がんにかかり、娘に遺伝しないかどうかを知りたいといった理由で遺伝子検査を受ける女性が増えています。現在は保険適用がなく、費用は20万円~30万円です。

ただし、遺伝性とわかったときの心理的な不安に対するケアが整っているとは言えません。しかし、あらかじめ知っておくことで検診のスケジュールを立てたり、予防的な治療を検討することもできます。

アメリカの女優、アンジェリーナ・ジョリー氏は遺伝子検査を受け、乳房の切除・再建手術を行いました。日本でも予防的乳房切除術を行う医療機関はありますが、自費診療(保険適用外)です。

乳がんの治療とお金の知識を身につけておく

乳がんにかかった際の治療や生活にかかるお金はどのくらいになるのかご存知でしょうか。診断されたときの乳がんの状態にもよりますが、数ヶ月から数年の治療が必要になる場合があります。仕事や日常生活も健康な時とは大きく変わってしまうのが現状です。

大まかな治療費(健康保険の自己負担3割)を把握しておきましょう。治療は手術と放射線療法、手術と抗がん剤治療など複数の治療を組み合わせて行うこともあります。

治療区分 治療方法など 治療費
入院/手術 7日入院・温存手術 23万円
入院/手術 14日入院・乳房切除術 30万円
放射線療法 放射線療法※温存手術後25回照射の場合 14~21万円
ホルモン療法 注射や飲み薬※投与期間は2~10年、薬により治療費が変わります 35,000円~14万円/1年間
抗がん剤治療 点滴や飲み薬※抗がん剤の種類、組み合わせにより治療費が変わります。 4万円~20万円/1クール
分子標的治療 65万円

出典:一般社団法人日本乳癌学会(http://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g4/q16/)

他にも必要に応じて検査費用などがかかります。また、先進医療を受ける場合の技術料は健康保険の適用がないため、全額自己負担になります。

お金は大切。がんの治療格差

身近に乳がんにかかったご家族がいる場合は、実感された方もいらっしゃるかと思いますが、手術や放射線治療、抗がん剤治療などの治療費以外にもお金がかかります。例えば、抗がん剤治療の副作用による脱毛をカバーするための医療用ウィッグ、手術による後遺症軽減のための弾性ストッキング、乳房再建術や治療後の定期検診費用などもかかります。高価な健康食品や無農薬野菜などを購入するケースも増えるでしょう。

日本では、がん診断後に勤務者の34%が依願退職または解雇され、職場を離れることを余儀なくされています。そして、十分な貯蓄がない場合や健康だったからとがん保険や医療保険に加入していなかったことで、金銭的な事情により、望んだ治療を受けることができないという事態に直面する方もいます。

生命の危機とお金の心配が同時におきることは、想像以上のストレスになります。家族にも精神的、金銭的な苦労をかけてしまいます。そのため、遺伝性の乳がんが心配な女性は特に、がん保険で万が一に備えるケースが増えています。

がん保険は先延ばしせずにすぐに入る

がんの治療費を広くカバーするためのがん保険。健康だから、もう少し年齢が上がってから、自覚症状が出てからでも遅くないのではと検討を先延ばしにしていないでしょうか。

がん保険を検討するためには、いくつかの注意が必要です。このことを知らないと、がん保険に加入できない、またはがん保険に入っていても給付金を受け取れないことがあります。

がんと診断されれば、誰でも大きな精神的負担を強いられます。そんなとき、適切ながん保険を選んでいれば、治療開始時に費用についての不安はなくなり、治療の選択肢の幅も広がります。

【がん保険の注意点】

(免責期間がある)

がん保険は多くの場合、1回目の保険料の払い込みから90日経過しなくては保障期間が開始されないという免責期間を設けています。万が一、この免責期間にがんと診断されると契約は無効になり、給付金を受け取ることはできません。不安になってから加入を検討し、契約をしても遅いのです。

また、がん保険の契約をする際には必ず「告知書」の記入が必要です。この時に健康診断で再検査を指摘されていた、がんの症状が出ていた、通院や投薬をしていると認められた場合、がん保険に加入できません。また、加入できたとしても保障が限定される場合があります。そして、虚偽の告知をすると告知義務違反となり、給付金が受け取れないなどのペナルティがあります。

(給付金を受け取れない)

がん保険は、その名の通り「がん」の保障に絞られています。しかし、がんと診断されても給付金が受け取れない場合もあります。注意したいのは2点です。

一つ目は「上皮内新生物が給付金の対象にならない」場合です。上皮内新生物は初期状態のがんのことで、粘膜の上の層にある上皮の内側にできたがんのことをいいます。切除すれば治ることから、保障の対象となっていない場合があります。

二つ目は「診断給付金の条件」です。がんと診断されたら受け取ることができる診断給付金は50万円~100万円くらいの比較的大きな金額です。通院の交通費や宿泊費、生活費などに充てることができるため、とても助かります。しかし、この診断給付金の多くは一回のみ、二回目以降は給付されるけれど、別の部位のみが適用になることや1回目の診断から二年が経過していることなどの条件があります。

がん保険の加入条件や給付金を受け取れる条件は、商品によって異なります。しっかりと保障内容を理解して選ぶことが大切です。

あわせて読みたい

がん保険選びは専門家と一緒に

保険や家計管理のプロフェッショナルで、個人の保険選びの相談にのってくれるファイナンシャルプランナー(FP)をご存知でしょうか。※多くの場合、無料で相談やアドバイスを聞くことができます。

何らかの生命保険に加入している場合、がん保険を検討するときは、同じ保険会社の営業担当に聞くことが多いと思います。あたりまえですが、同じ会社のがん保険を提案されます。しかし、それで本当によいのでしょうか。

FPは特定の保険会社に属していません。複数の保険会社の商品を取り扱っており、FPを通じて加入の手続きをすることができます。FPは、複数のがん保険の中から、相談者が望む保障(例えば女性特有のがんの保障が手厚い)や保険料の予算に合った適切ながん保険を提案してくれます。

また、がん保険以外にも生命保険の相談もできます。家族がいる場合は、家族全体の保険についてもアドバイスを受けることができます。がんの治療は治療費以外にも自身や家族の生活費についても備えをしておく必要があります。

そして、FPは加入の手続き後も保障内容の見直しを提案してくれたり、実際にがんの治療をしたときの給付金請求手続きの窓口にもなってくれる、とても心強い存在です。

【こちらから予約ができます▶】FPにアドバイスを聞いてみる(無料)

乳がんは予防と定期検診とお金の備えが大切

遺伝性乳がんが心配な方は、ご家族とよく話し合い、もしものときに備えておきましょう。すぐにできることは、セルフチェックと医療機関で受ける検診のサイクルを決めて実行することです。そして身体のケアとは別に、がんにかかったときの治療費や生活費に備えておくことが大切です。

がんの治療には本当にお金がかかります。健康保険が適用される治療も多くありますが、入院と治療、通院が数ヶ月や数年続けば、かなりの出費になります。貯蓄もすべて治療費に当ててしまえば、その後の生活にも支障がでてしまうことを忘れないようにしましょう。

【今すぐできるチェック】

□ 遺伝性のがんの心配はないか
□女性特有のがんに手厚いがん保険に入っているか
□がん保険以外の保険(生命保険、医療保険など)に入っているか

お金の備えに関しては、がんの治療を医療の専門家に任せるように、がん保険は専門家(FP)に任せることが賢い選択です。

がん保険の検討をしている方はもちろん、すでにがん保険に加入している方もFPに相談しましょう。他のがん保険に入り直す、今のがん保険に特約をつけて備えるなどのメンテナンスもすることができます。

がんは早期発見、早期治療、そして早めの備えが大切です。


【FPに聞く】乳がんの保障が手厚いがん保険

【無料FP相談】女性のがんに備える最適な保険選び



この記事が気に入ったら いいね♪

この記事が気に入ったら
いいね♪

MoneyMotto!の最新情報をお届けします

:この記事をシェア